脱毛ラボはvioラインすべて可能

MENU

脱毛ラボはvioラインすべて可能

脱毛ラボはvioラインすべて可能

脱毛ラボではvioラインすべての脱毛が可能です。最近は陰毛のデザインが日本でも流行っており、男女問わず陰毛をデザインしています。多くの国では陰毛を処理するのが常識のようになっていますが、日本ではまだまだそれをやっている人は少なめではありますが、徐々に増えています。

 

メリットとしては、清潔であることでしょう。陰毛があると汗やその他の分泌物が付着することが多いので、脱毛していると清潔感が出ます。また、下着や水着からはみ出るという問題もあるでしょう。

 

逆に脱毛するデメリットは、自然な感じがなくなることやフェロモンのことでしょう。陰毛はもともと生えているものなので、これがないというのは子供のような感じがする場合もあるでしょう。性的な観点では興奮させる作用を持っているので、陰毛がある方が効果的な場合も多いです。

 

しかし、そういった機会がない場合は邪魔な場合が多いので、なくても良いでしょう。これは人の趣味にもよるのですが、ないのが良いという人はそれほど多くないでしょう。まだまだ日本ではある状態の方が自然とされています。また海外でもその人の好みによるでしょう。清潔感を気にして処理しているというのもあるのですが、単純に邪魔だからなくすというのが海外では多いでしょう。

 

また陰毛や脇の毛もそうなのですが、フェロモンをまく効果があります。これに関しては、相性の良い人には良い匂いに感じるというメリットがあります。単純にその匂いが好きな人とは相性が良いということになるので、フェロモンの匂いを利用してそれを判定できるというメリットがあります。

 

陰毛にしても実は同じ効果があり、匂いによって相性がわかるというのがあります。これは汗腺のなかのアポクリン腺というものが影響しています。この汗腺自体はだいたいの人にあるのですが、この数や機能が強すぎるとわきがやすそわきがになります。

 

日本人には少ないのですが、白人や黒人にはこのわきがやすそわきがの人が多いです。これは相性の良い人には良い匂いに感じますが、逆に相性が悪い人には嫌な臭いに感じます。なので、相性の良い人とだけ関わるとは限らない現代社会においてはマイナスに作用する可能性が高いということになります。

 

そういったこともあり、海外では陰毛を処理する場合が多いというのもあります。陰毛や脇の毛はアポクリン腺からの匂いを拡散し、フェロモンをまき散らす効果があるので、このデメリットを薄めるために陰毛を処理するのが一般的になっている面もあります。

 

しかし、同性愛者の人などは処理しない傾向にあります。これに関しては諸説あるのですが、通説としては同性愛者の方がフェロモンに敏感だからということが言われています。フェロモンに敏感なので、あえてフェロモンを拡散させるツールを残して楽しもうということです。また、デート前などにあえてアポクリン腺から汗を分泌させ、匂いを身にまとっていくというのも一般的です。

 

脱毛ラボのVIO脱毛

 

実際に脱毛ラボで脱毛するには数回通う必要があります。レーザー照射は毛周期といって、毛の成長する時期に合わせて照射を行うので、月に一回程度しか治療を実施することができないのです。

 

なので、ある程度の気長さが必須になってきます。具体的に何回通う必要があるのかということに関しては人にもよるのですが、濃い人ほど回数が多くなり、またレーザー照射の痛みも強いです。これは仕方ないのですが、このレーザー照射は毛の組織の黒い部分に反応して焼き尽くすものです。

 

なので皮膚には本来は反応しないというようになっているのですが、発毛組織を焼き尽くすほどの威力のものなので当然皮膚も痛いです。そして黒い組織が多いほどレーザーの反応する頻度も上がるので痛いです。また黒い組織に反応するので、色黒の人の方がレーザー照射は痛い傾向にあります。

 

なのであまりにも色が黒い人は治療を断られる場合もあります。皮膚にレーザーが反応すると大変なので仕方ないでしょう。ただ、色黒の人は毛があまり目立たないというメリットをもっているので、剃っていても剃り跡なども目立ちにくいでしょう。これは色白の人には羨ましいメリットです。

 

しかし、日焼けサロンで焼くにも肌に発がん性の物質が多かれ少なかれ溜まるので、脱毛の方がリスクはないです。肌を焼いて毛を目立たなくするか、脱毛するかならば脱毛した方が体への害はないということです。

 

だかが毛にそこまでするのかという問題があります。人間にもともと生えているものなので、ある意味生えている状態が自然です。毛がない方が良いというのはもともとは美容業界が収益のために流している情報によるものですが、事実それが浸透しています。

 

そして、その情報によって人間の価値観が作られているという事実があるので、流行に乗って脱毛しておくという選択は自然なものです。たしかに美容業界の戦略に乗って不要なことをするのも嫌でしょうが、流行っているので仕方がないでしょう。

 


脱毛ラボはvioラインすべて可能

関連ページ

脱毛ラボで自分に合ったプラン探し
脱毛をしたい部位は人のムダ毛事情によって人それぞれですよね?そんないろいろなニーズにもばっちり対応可能な、自分に合ったプランが見つかる脱毛ラボのフレキシブルなプランについて解説しています。
全身脱毛のできる脱毛ラボ
思い切って、全部抜いてしまえ!と決断した人にはここがおすすめ!全身脱毛だって可能な脱毛ラボの脱毛コースについてわかりやすく解説しています。